銀行カードローンなび

現在は起こらないが過去にはある

色々と調べていけば分かることですが、カードローンは過去に過払い金というものが発生した時期があります。これは金融庁から金利の規制が適応される前の話であり、結構前と言ってもいいでしょう。その時期はとにかく高い金利が適応され、それを見ぬふりして返済することを強いられていたのです。こうした金利をグレーゾーン金利と呼ぶことは結構知られています。
グレーゾーンというのは過払い金が発生する金利とされているため、利用した段階で過払い金の請求権利が出てくるということです。しかし現在のカードローンにはそうした物は発生しません。これは金利の上限が決められていることに加え、請求しても過払い金が出ないように会社側も抑え込んでいるからです。そのため今は利用しても過払い金は出ません。
ただ過去に利用していた方は確実に発生していると思われるので、以前から利用していた方は過払い金が発生していないか確認しておくといいでしょう。

発生していた時はすぐに請求を

もしカードローンを利用していて過払い金が発生していたのであれば、まず請求というものを考えてください。弁護士を通じて手続きを行い、速やかに返還して貰えるように要請するのです。会社側は和解によってこれだけの金額を返しますと説明があるので、同意できるようなら返還して貰いましょう。全額返せという場合は裁判になることが多いです。
会社によってはスムーズに同意してくれる可能性もあり、比較的簡単に請求することができます。しかし特定の会社に限って返還に協力せず、争ってくることもあるので注意してください。特に消費者金融系の中でもアイフルは問題を起こしていることもあり、スムーズに返還されないこともあります。
返還する金額がなければ利用する必要はありませんが、過去に利用していた方は確実に発生しているのでぜひ行ってください。法外な金利で余計に支払ったままではいけません。10年しか請求が出来ないので、早めの対策をお願いします。

Copyright© 銀行カードローンなび All Rights Reserved.