銀行カードローンなび

初めて利用するときの契約条件

一般的な感覚からすると、お金を借りたことがない人と借りたことがある人、そのどちらにお金を貸しやすいかというと、お金を借りたことがない人になります。これまで何度も借金をしている人よりは、借金をしていない人のほうがなんとなく安心できるという印象を受けるからです。
しかし、キャッシングの世界ではそれが逆になります。今までにお金を借りたことがない人というのは、きちんと返済してくれるかどうかの判断材料がない人ということになります。過去にお金を借りて返済してくれた人は、その履歴が安心できる判断材料になりますが、それがない人にお金を貸すのは日常的に融資を行っている者からすれば大きなリスクというわけです。
そのため、カードローンを初めて利用する場合の契約条件はかなり低いものになります。限度額は低く、金利は高く設定されるので、自分はこれまで借金などしたことがないのに、と不満に思う方もおられるでしょう。しかし、過去の利用実績が重視されるキャッシングの世界でそれは当然の措置なのです。

利用開始後の契約条件の更新

とはいえ、利用実績さえできてしまえば契約条件はすぐに良くなります。カードローンを提供する側も、その人がきちんと返済をしてくれる人物であるということを確かめたいだけです。半年間以上延滞することなく利用していれば、カードの更新期限を待つ必要もなく契約条件の更新が可能になるでしょう。
融資枠の拡大や金利の引き下げなど契約条件の更新については、サービスセンターに連絡するか、web上の会員サービスにログインすることで行えます。場合によっては、会社のほうから融資枠を拡大できると連絡をしてくれることもあるので、そこで手続きをお願いしてもいいでしょう。
その時点で再び審査が行われて契約条件の改訂がされます。以前に収入証明書を提出していない場合は、この機会に提出しなければいけないことがあります。会社の方から融資額拡大の連絡がある場合はともかく、それ以外では審査に通るかどうかは分からないことも多いです。そういう場合は前もって契約条件の更新ができるかサービスセンターに問い合わせても良いでしょう。

Copyright© 銀行カードローンなび All Rights Reserved.